二次会景品の予算配分

二次会を盛り上げる要素の一つとして景品があります。景品が豪華であるほどゲストは盛り上がります。しかし大きな赤字を出してまで豪華景品を用意する事は難しいでしょう。景品を選ぶ前にまず、どれだけの金額が出せるのか予算を設定する必要があります。

予算内でできるだけ盛り上がる景品を用意するコツは、目玉景品を作る事です。同じような景品ばかりではあまり盛り上がりません。一つ目玉景品がある事で景品を賭けたゲームにも熱が入ります。

商品券できるだけ多くの人に景品が行き渡るよう配慮する事も大切です。景品が一つだけでは、見事景品を獲得した人は嬉しいでしょうが、盛り上がりはそこで終わってしまいます。勿論、二次会の楽しみは景品だけではありません。しかし景品がある事で、より盛り上がる事もまた事実です。会場が盛り上がり、できるだけ多くの人に景品を渡すために、用意する景品にメリハリをつけましょう。

まずは目玉景品を決めます。これは多くの人が欲しいと思える物にしましょう。商品券やホテルの宿泊券、和牛やスイーツなど高級食品が人気です。景品が豪華である程、ゲストは盛り上がります。

目玉景品が決まったら、予算と相談しながら残りの景品も決めていきます。まず残り何人分の景品を用意するか決めると、景品も選びやすくなります。予算はそれぞれ均等でも構いません。但し、商品の種類にメリハリをつけるようにします。次のページでは、目玉景品とそれ以外の景品の選び方について説明します。

You Might Also Like